あすとれあぶろぐ

イラストとか、日記とか、考え事とか。
あすとれあぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  テレビ >  それでもボクはやってない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

それでもボクはやってない

特に、「犯行シーン」が描かれていない。
ここがとても考えさせられた。

というわけで、3/1テレビでやってた映画「それでもボクはやってない」
想像以上に面白かったです。

やっていない、と言い続けている主人公ですが、
あれが演技でない確証は、実はどこにもない。
>加瀬亮さんの演技が上手かっただけに、
 あの演技は現実でも可能なのだ、という恐ろしさ。
主人公視点で見れば、裁判官の判決はこじつけに聞こえるかも知れないが、
「隣の女性が犯行を見ていない」「左側の男の手の感触がない」
というのは、主人公の犯行を裏付ける材料なのだ。
(主人公が本当に冤罪だとしたならば・・・
 リュックの下に空間ができて、それで腕の感触が感じられなかった・・・
 もしくは女学生の勘違いで、別方向からの犯行だったか?)

そして、現実の痴漢事件も、同じなのだ。
「犯行シーン」は、再現などできはしない。
限られた人間の、曖昧な記憶しか頼りにならない。
現在の裁判制度の問題、とかいう次元ではなく、
人間が人間を裁くこと自体、無理がある。
痴漢のような、物的証拠も被害実態も曖昧な事件ならば、それは顕著だ。
それこそ、過去視能力でもない限り。

痴漢する人もいる。
痴漢される人もいる。
痴漢に間違われる人もいる。
痴漢に遭ったフリして慰謝料せびる人もいる。

所詮裁判は、弁護士と検事の証拠集めゲームでしかない。
古今東西、自分の身を守るのは、詰まるところ自分だけ。

そういう説教を、きちんとエンターテイメントに仕上げている。
こういう映画は好きです。

あーあと、考えてるなーと思ったのは、傍聴オタクを描いていたこと。
いや、傍聴は行きたいですけどね。裁判員制度もあるし。
>裁判員制度も見据えた地上波放送ではあるでしょうね
[ 2008/03/03 04:12 ] テレビ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

pixiv
プロフィール

あすとれあ

Author:あすとれあ

ブログ内検索
CalendArchive


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。