あすとれあぶろぐ

イラストとか、日記とか、考え事とか。
あすとれあぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  テレビ >  今年の高校生クイズに物申す(続き)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年の高校生クイズに物申す(続き)

昨日の続き。

今年の高校生クイズ本戦は、知力体力時の運ではなく
知力特化の室内オンリーだった。
でもまあ、視聴率のための一方法論としてはアリかなー、という話でした(そうだったか?)

しかし、もう一つ、今年の高校生クイズは、知力と同等か、それ以上の要素があった。
「学歴指向」です。

3分に一回は「東大合格率」云々という肩書きを付けて
出場校を呼ぶのが、鼻につくことこの上なし。

そして、準決勝出場校の紹介で、驚きの演出が。
「東大合格者数 No.1」「東大合格率 No.1」「公立の東大合格率 No.1」
「医大進学率 No1」などなど、各校30秒以上の紹介VTRがある中、
我らが地元・栃木代表(笑)宇都宮高校の肩書きは・・・

「スーパーサイエンス高校」
学校名読み上げて終了。3秒。

何それ。。。(泣笑)

ええ、偉そうに言いながらも、単に郷里・栃木の高校がバカにされたとゆう
私怨記事なわけですが。。。(自分は宇高出身ではないですが)
>これを「おいしい」と思えるタフさは必要だと思う(笑)

>>一度書き込んだ後、「スーパーサイエンスハイスクール:SSH」というのが
文部科学省に認定されてるらしいことに気づいた。。。そんなんあるのかー
全国で100校らしい・・・微妙?(汗)

その後、灘高校との1対1クイズで勝った所は、結構嬉しかった(汗)
>演出という名のヤラセかもしれないけど。。
 ガチで勝ってたら偉いぞ&スマン>宇高出場者

でもまあ、宇高も灘高も、準決勝で消えたんですが。
で、負けて悔しかった高校の映像は、やっぱり東大合格率云々の
灘高とかしか映さない。。。
この悔しさを、大学生、社会人になって晴らしてもらいたいものです。


さーて、「超難問、高学歴校偏重型」の高校生クイズ。
裏番組にも左右されるだろうけど、今年の視聴率はどうかなー??
そして、視聴者の反応は?
来年の高校生クイズがどうなるか、ちょっと楽しみになってきました(笑)

まあ自分としては、予算が合えば、知力体力チームワーク+学歴不問にして欲しい・・・
と言いつつ、例年見てなかった自分が今年は見てる、という矛盾があるわけですが。。


あーあと。
宇高vs灘高の、88星座の名前を1対1で互いに答えていく問題で、
「や」「ろ」「ほ」の連続応酬は面白かった(笑)
(それぞれ、矢座、炉座、帆座。こんなんあるんだ)
ポロロッカで、幽遊白書やにとり思い出したりな。

というような、興味をもてる問題は楽しいんだがなあ。
人名とか国旗とかは、覚えても意味ないトリビアばっかだなー、という感じ。。
(負け犬の遠吠えともいう)
>人名とか国旗を覚えるのが楽しい人にはいいんだろう

その点、数学オリンピックやFBI英語ヒアリング問題は実用的(?)でよいですね。
って、その問題の解説などが略されてて残念ですが。>尺の関係?

それから、決勝がわずか5ポイント先取は短い、という書き込みを見かけますが、
どうやら5ポイント1セットで2セット先取の所、最初の2セットを放送しなかった、
という話のようです(wiki情報)
[ 2008/09/06 15:29 ] テレビ | TB(0) | CM(2)
こちらでは初書き込み? です。
えー、自慢ではありませんが、実は自分、高校生クイズの予選に参加して、1次予選を突破しました。
首都圏以外ではそこから早押しの2次予選なんですが、首都圏エリアは参加人数が特に多いこともあって、早押しは3次予選。そこまで行けなくて悔しい思いもしました。
で、気になる予選の内容といえば、すべて知力に訴えるものでした。1次予選はYES・NOクイズ、2次予選は100問YES・NOペーパークイズ、で、前述のとおり3次予選が早押しです。
1次予選突破枠は各都県ごとに8組でして、YES・NOクイズ4問目からは一都7県それぞれで線が引かれた西武球場内を移動します。あ、今は西武ドームですね。
そのルールのおかげで、10問目を終えたら栃木代表が4チームしか残っていなかったので敗者復活、といった具合になったことが2回ありまして、そのおかげで1次予選は12勝2敗の成績ながらも突破できました。
他のエリアでは参加人数のせいもあってか体力勝負的な予選もできますが、首都圏エリアでは本当に人が集まるので厳しいですね。球場の観客席がほぼ埋まります。
本選でウルトラクイズ的な体力勝負がないのは、高校生という点を考慮しているからかもしれません(というかウルトラクイズが無茶すぎました)。予選でもけっこう疲れました。暑い中球場を駆けずり回ったりしましたので。
そうでなければ予算の問題かな? ウルトラクイズはバブルの寵児だったと思います。
栃木は高校生クイズ強いほうですね。優勝したチームもありましたし(94年の石橋高校)。
長文失礼しました。
[ 2008/09/06 22:56 ] [ 編集 ]
>猫元 超次さん
こちらでは、はじめまして(?)

>で、気になる予選の内容といえば、すべて知力に訴えるものでした。
そういえば、関東大会は参加人数が半端ないですからねえ・・・
なるほど。そういう意味では、去年までも知力特化部分があった、
と言えるかもしれませんね。

ただ、去年までの高校生クイズは「知力・体力・チームワーク」を謳い、
参加人数が少ない地方予選、本戦では知力以外の要素もあったようです。
wikiで調べましたが、少なくとも去年までは親子ホットライン、ボウリング、
カヌー、プレゼンテーションなどなど、いろいろな工夫がありました。
今回、それがないのが残念だなー、という趣旨です。

>そうでなければ予算の問題かな?ウルトラクイズはバブルの寵児だったと思います。
やっぱり、そちらの関係でしょうかねえ。。。
興業的な側面を考えると、昔からの伝統を変える・無くすことも
致し方のないことかも知れません。
あとは、興業面を考えつつ、伝統をどれだけ残せるか、という所でしょうか。
(その伝統が望まれない=望む人間が少なくなったら、その限りではないのでしょうが)

そもそも、どちらかといえば、自分は変化を好む方なのですが、
ウルトラ・高校生クイズには思い入れがあって、伝統を重視しちゃってますね。。
[ 2008/09/07 08:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

pixiv
プロフィール

あすとれあ

Author:あすとれあ

ブログ内検索
CalendArchive


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。