あすとれあぶろぐ

イラストとか、日記とか、考え事とか。
あすとれあぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  一般 >  蒟蒻畑関連を調べてみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

蒟蒻畑関連を調べてみた

ゼリー「蒟蒻畑」を製造中止に(毎日新聞:毎日jp)

マンナンライフの被害と責任、販売停止しない製品もあること。
あと、他国の対応とかをまとめてみた。

■マンナンライフの被害
・「こんにゃくゼリーによる窒息死17件中3件がマ社の商品」
 「こんにゃくゼリーの売り上げは07年度約100億円で、うち約3分の2がマ社」

・2008年9月30日、「エースベーカリー」社製のこんにゃくゼリーの訴訟事件で、
 和解が成立したばかり。
新製品の開発中止で和解へ こんにゃくゼリー賠償訴訟(産経ニュース)

・マンナンライフでは、2007年11月から製品に注意を書いていた。
「警告マーク」表示へのご理解とお願い(マンナンライフ社ページ内)

■マンナンライフでは、喉に詰まりにくいクラッシュタイプ製品を販売していた。
マンナンライフの商品ページ

※当然、このクラッシュタイプは出荷・製造・販売を中止しない。

■マンナンライフの責任
こんにゃくゼリー窒息死:兵庫の男児窒息死 マンナンライフ、事故情報を報告せず
(毎日新聞:毎日jp)


・他社製品だが、「スプーンですくった」「4分の1にした」状態でも死亡例はある
ミニカップタイプのこんにゃく入りゼリーによる事故防止のために(国民生活センター資料)

・農林水産省が行ったのは、上記の報告不備を含めての表示再考勧告。
 野田聖子議員は、販売停止を望むだけで、注意喚起しかしていない(できない)
こんにゃく入りゼリー販売禁止要請を検討…野田聖子氏(ZAKZAK)
 >筆者追記:マ社の製造停止は、上記訴訟、未報告を勘案した、暫定措置かと

■他国の対応
もう一度、ミニカップタイプのこんにゃく入りゼリーによる事故防止のために(国民生活センター資料)

EUでは2006年7月から、ゲル化剤のゼリー菓子への使用を販売中止にしている。
韓国でも死亡事故があり、その度に制度の見直しが行われている(中止にはなっていない)
アメリカ、カナダ、オーストラリアでも、回収措置が行われている。

日本では、販売停止命令はもちろん、一度も回収措置を、取っていない。
>筆者追記:一部の販売停止や注意喚起は、東欧諸国の対応との足並み合わせ?

■個人の意見
政府が販売停止を望む、ってこと自体には反対。
今回販売停止した製品は、表示や製品としての対策ができたら販売再開すると思う。
[ 2008/10/09 23:35 ] 一般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

pixiv
プロフィール

あすとれあ

Author:あすとれあ

ブログ内検索
CalendArchive


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。