あすとれあぶろぐ

イラストとか、日記とか、考え事とか。
あすとれあぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  アニメ >  アニメひぐらし祟殺し:2話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アニメひぐらし祟殺し:2話

ゲーム、ちょっと進めました。
現在、ゲーム目明し編途中の状況での視聴。
その上での感想なので、ある方向に視点が偏ってます。ご注意を。

吐くときの効果音がリアル。
個人的に、前回の冒頭より、よっぽど怖かったです。
その他、沙都子の身柄引き受けに関する圭一たちの仲違いや、
知恵先生への談判がざっくり削られてて、テンポ重視。
(記憶違いで、次回以降にあるかも?)
ともかく、このテンポ重視は、賛成。さくさく進めて欲しい。

解答編、全部見てない視点で・・・
気になったのは、沙都子が吐くきっかけとなった、圭一のなでなで。
悟史になでられる、沙都子の回想があった・・・
ゲームではなかった描写だと思う。
普通に考えれば、あそこで叔父の虐待が頭をよぎって、吐いちゃう訳だが・・・

ゲームでは、TIPSで性的虐待のカマかけがあった筈。
叔父から性的虐待を受けている、それを思わせるこの嘔吐シーン・・・
実際は、悟史がキーなのか?

沙都子の本編終盤の台詞に、オヤシロ様が、叔父や悟史、圭一に乗り移って・・・というくだりがある。
悟史失踪時の不自然な拒絶が、沙都子にとってトラウマになってる?

あるいは、嘔吐と悟史って、全然関係ない?(汗)
[ 2006/06/11 02:19 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

pixiv
プロフィール

あすとれあ

Author:あすとれあ

ブログ内検索
CalendArchive


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。