あすとれあぶろぐ

イラストとか、日記とか、考え事とか。
あすとれあぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  ゲーム >  文花帖・弾幕の元ネタ[西行寺 幽々子]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

文花帖・弾幕の元ネタ[西行寺 幽々子]

LV9,10,EXはまとめページから。
LV4以前は、光丸さんのページへ。

8-2 幽雅「死出の誘蛾灯」
読み:ゆうが「しでのゆうがとう」

優雅と幽雅、誘蛾の掛詞。
誘蛾灯:昆虫の走光性を利用し、虫をさそい寄せて駆除する灯火装置。
走光性:光の刺激によって起こる走性。
  虫などが灯火に集まるのは正の走光性、ミミズが暗い方へ移るのは負の走光性。
#ゴキブリには負の走光性がある・・・ということは、リグルだと遠ざかる?(嘘)

弾幕で形成される領域は、徐々に幽々子に引き寄せられる・・・
最初はそれだけだからいいが、駆除用の大玉が放たれると、たまったものではない。
文だから弾幕消せるけど、普通のシューティングだとあっさり駆除されそう。。。


8-4 蝶符「鳳蝶紋の死槍」
読み:ちょうふ「あげはちょうもんのしそう」

鳳凰の鳳に蝶で、揚羽蝶・アゲハチョウの別記漢字。
個人的には、語呂良く「あげはもんのしそう」と読みたいところ。
また、「揚羽蝶(あげはのちょう/あげはちょう)」という言葉だけで、
アゲハチョウを側面から描いた形の家紋を表すらしい。
なお、アゲハチョウの英語名はswallowtail。妖々夢のスペカが思い出される。

弾幕は・・・これまた面妖な。
奥義を蝶に見立て、その紋様から二本槍状のレーザーが放たれる。
ただ、感じとしては、誘蛾灯ではないけれど、蛾の紋様の方が想起される。


8-6 死符「酔人の生、死の夢幻」

酔人:酒に酔った人。この場合、人生・生命に溺れる、という感じか。
夢幻:夢や幻のようにはかないことのたとえ。

弾幕は、名前には余り関係ないかしら・・・
でも、写真で撮ることが必要な、文花帖ならではの弾幕。
のんびり、上下を行ったり来たり。なんか砂時計を思い出させる。


8-8 「死蝶浮月」
読み:「しちょうふげつ」

花鳥風月(かちょうふうげつ:自然の美しい風景)との掛詞と思われる。
文花帖のスペカ内で、「」前の説明がないのは、これと萃香の「百万鬼夜行」のみ。
実体化しスペカを発動する前(「反魂蝶」の謎の影状態)は写真を撮ることができない。

この弾幕も、特殊だよなあ・・・
周期的に、蝶弾がくるくる集まって、放射状のレーザーで散らされる。
まるで、花に集まり戯れる蝶たちを、追い払うかのように。
無理に弾幕名と関連づけるなら、冥界の美しい風景、という感じだろうか。
[ 2006/06/18 03:31 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

pixiv
プロフィール

あすとれあ

Author:あすとれあ

ブログ内検索
CalendArchive


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。