あすとれあぶろぐ

イラストとか、日記とか、考え事とか。
あすとれあぶろぐ TOP  >  スポンサー広告 >  アニメ >  アニメ夢使い12話「夢仕舞い・塔子の選択」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アニメ夢使い12話「夢仕舞い・塔子の選択」

うわー。面白かったわぁ。
流石に原作には叶わないけど。
・・・それも含めて、よくできてたなあ。


何で突然、過去の悪夢が来たか、というと、
9話で、悪夢に殺された男を見て、父の死を思い出しちゃったから、なんだろうな。
前回触れなかったけど、左目が夢の窓として機能していたのは、
父が死んだときに左目に傷を負ったから。身体的にも、精神的にも。

それらを踏まえて、燐子の力が不十分ながらの夢見、それを救う橘、
狐面の箒神利用、父の燐子への一言、ドリームサイクロン・姉妹=仕舞いの同時発射。
なかなかによくできておりました。

強いて言えば、三時花ちゃんにも、もっと見せ場作ってあげればなあ。
塔子の伏線回収と、ドリームサイクロン、あと「燐子ちゃん先輩」発言だけだったし(汗)

父と娘のしっかりとしたキスシーン、触手えろを思わせる(男根の象徴)蛇の絡みつき、
さらに、近親相姦を肯定もしている。でも、それが許されるのが、夢。
「現実(うつしよ)は夢、夜の夢こそ真実(まこと)」
Wikiによると、江戸川乱歩のサインに添える文章だったらしい
漫画版の方は、それどころか同性愛、人体破壊、人食など、もっと禁忌に触れているけど、
それは、夢だから許されること。
現実では、許されるレベルで夢を見る。
放送コードという制約も、この辺を考えると面白い。

夢を見ることすら、否定する人は、いる。
その原因は様々だろう。
現実に影響を及ぼす可能性があるから。
価値観の相違で、気持ち悪いから。
自分が、そういう夢を押さえつけているのに、それを否定する人もいるかもしれない。
もしくは、自分が押さえつけているからこそ、それが許せないのかも。
意識、無意識はあるにせよ。

もちろん、犯罪などの人為的不幸ってのは、基本的に夢が増長したモノもある、
という側面は忘れちゃいけないと思うけどね。
[ 2006/06/25 04:10 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

pixiv
プロフィール

あすとれあ

Author:あすとれあ

ブログ内検索
CalendArchive


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。